評判がいいシナリオ創りの講座を探す方法

シナリオ講座を探す方法には様々なものがあります。それゆえに悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。ストーリーを書くことを仕事にする場合、習ったことは少なからず作品に影響します。そのため、なるべく評判が良い講座を受けたいという方は少なくありません。そこで評判の良いシナリオ講座を選ぶためのポイントについて紹介していきます。何かストーリーを作る仕事に就きたいと考えている場合は特に重要となります。もちろん、独学で技術を高めていくことも出来ます。ただ、基本を学んでおくことで役立つことも多いです。その場合にはシナリオ講座を選ぶことが大切となります。少しのことで大きく変わることもあるので、選ぶ際には慎重にこだわりを持っておくことをお勧めします。

個性を大切にしてくれるかどうか

ストーリーというものに正解はありません。この展開が良い、この展開が悪いといった評価を下すことはできないジャンルです。100人中90人が良くないと思っても、残りの10人が素晴らしいと評価すればヒットする可能性もあります。それゆえに個性が重要となります。例えばほとんどの方からまあまあ良いと評価されるものよりも、一部の方から絶賛されるものの方がヒットするかもしれません。講師の方の主観では判定できない部分もあります。個性を大切にしながら指導してくれれば、持っている才能をダメにする可能性は低くなります。自分の価値観を押し付けて良し悪しだけで判断する講師がいる場合は、せっかくの才能を開花させづらくなってしまうので注意して選ぶ必要性が高くなるといえるでしょう。

コンセプトではなく内容を見てくれるか

ストーリーを書く際にはまずその舞台を含めたコンセプトがあります。コンセプトを作ったらその中で整合性のあるストーリーが書けるかどうかがカギとなっていきます。このうちコンセプト自体ばかりを指導する授業はあまり良くありません。コンセプトはテーマの部分であり、ここが良いか悪いかはお客さんが決めることです。コンセプト自体を頑なに否定してしまうと、斬新な作品が生まれなくなってしまう可能性があります。実際に指導する必要があるのは整合性が取れるか、心情描写は十分か、結末が尻すぼみになっていないかといったことです。文章を書くプロとしてのアドバイスが出来る学校が良いといえるでしょう。その生徒の方向性は支持しつつ、書き方を教えていくのがそういった学校の役割となっています。