シナリオ 講座

シナリオ講座で学べることは何か

シナリオライターになりたいと考えている人は少なくありません。面白いシナリオを書ければ大勢を楽しませられるだけではなく、金銭的な見返りも大いに期待できる職業です。作品が外国語に翻訳されれば、世界的な注目を集めることも不可能ではありません。活躍の場は舞台演劇から映像作品まで幅が広く、状況によっては小説家として活動することも視野に入ります。特別な資格や道具を必要とせず、仕事場も柔軟に選べる立場なので、夢のある仕事です。独学でもなれないことない職業ですが、効率的な学習を期待するなら講座へ通うのがおすすめです。講座はどのような場所で、どのようなことを学べるのかご紹介します。この道を目指している人には役に立つ内容になっているはずなので、ぜひ参考にしてください。

基礎的なところからしっかりと教えてくれる

講座にはいくつかのタイプがありますが、多くの場合は文章の書きかたについて基本的なところから教えてくれます。基本的な部分が終わると、作品の執筆に向けて物語の構造を学ぶのがよくある例です。有名な物語がどのような構造になっているのか知ることで、自分の作品に活かします。独自の構造を求めたがる学生もいますが、定番の構造にオリジナルの要素を載せることが執筆の鉄則です。基礎的な構造を学んだら、いよいよ具体的な執筆です。まずは短編を完成させることが目標で、だんだんと長文の作品に挑戦します。作品が完成するたびに、講師から改善点などのアドバイスをもらえます。試行錯誤を重ねながら、少しずつステップアップしていくのが基本です。質の高い作品を完成させるのは簡単ではありませんが、地道な努力が欠かせません。

デビューするためのチャンスもある

シナリオ執筆のためのテクニックを伝授してくれるのは、プロの立場での活動経験を持つ講師たちです。ときにはゲスト講師として有名な脚本家が授業を担当することもあります。こうした授業を通じて、執筆した作品をコンテストが開催される例もあります。コンテストで上位に入賞すると、これが別のクリエイターに注目され、プロデビューのきっかけとなるかもしれません。いわゆる就職活動のサポートのため、コンテストに向けた作品執筆をサポートしてくれることもあります。講師によるチェックを受けることで、完成度を高めることができるしくみです。講座を卒業するとすぐにプロとして活動できるわけではありませんが、心強いバックアップを得られるのは間違いありません。仲間たちとの切磋琢磨を通じて、質の高いシナリオを書けるように努力しましょう。